【中小企業診断士《1次》過去問】H.26 企業経営理論 問30(設問3)

中小企業診断士一次試験の過去問

平成26年度 第 一次試験問題 (C)企業経営理論

目次

問30. 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。 消費行動の分析においては、一般的に消費者個人ではなく、家族という( A )単位、あるいは家計という( B )単位が基本的な分析の単位として 用いられる。その理由は、( C )の選択や( D )の配分において、家族人 数に代表される規模的要因が大きく影響するため、個人ベースでの分析よりも家計 単位での分析が適しているからである。( D )の配分としての消費行動は、生活様式や( C )によって規定され るが、消費行動を分析する視点には、3つの代表的アプローチがある。それらは、 ① ライフサイクル・アプローチ、ライフスタイル・アプローチ、ならびに ② ライフコー ス・アプローチである。いずれも、生活主体としての家族ないし個人の生活構造上 の特徴に着目し、その集約的指標と消費行動とを関連付けて分析するための視点で ある。

(設問 3)文中の下線部②に示す「ライフコース・アプローチ」に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア F さんは、アメリカ人の夫とともに英会話による学童保育施設を開業した。 これは DINKS 型ライフコースを選択する家族の増加を受けてのことである。

イ ライフコース・アプローチでは、近年着目される「絆」の重視や「家族回帰」を通じた家族や友人グループの中での合意に基づいた集団的な意思決定の影響が尊重されている。

ウ ライフコースの概念では、ライフイベントごとの選択のあり方が個々の人生の道筋の多様化を生み出すとされている。これら選択の多様化によって、社会人教育や婚活(結婚活動)など新たな消費機会が生まれる。

エ ライフコースの複雑化により、年齢別労働力率曲線にみる女性の年齢階級別の就労状況は「V 字曲線」と呼ばれるようになっている。

正解は…

ABOUTこの記事をかいた人

2018年の夏、ひょんなことから営業マンから経営戦略室へ異動しました。 経営とは何ぞやという知識も実践経験も足りない… 学習したことをなるべく分かりやすく配信しつつ、経験値を稼ぐために アラサー親父、サイト運営に乗り出す!