【中小企業診断士《1次》過去問】H.26 企業経営理論 問29(設問1)

平成26年度 第 一次試験問題 (C)企業経営理論

Table of Contents

問29. 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。 美容院を営む一家で育った P 氏は、美容専門学校に進学して美容師になった兄・姉とは異なり、高校卒業後、ある大学で企業経営理論を学んだ。大学卒業後、P 氏は消費財メーカーでの営業やマーケティング調査部署などにおける数年間の勤務を経て、両親が経営する ① フランチャイズ方式による美容院の成長を支援するために基幹スタッフとして入社した。そこで、P 氏は将来の美容院チェーン経営者にとって不可欠な ② サービスやサービス・マーケティングについて、フランチャイズ方式での事業拡大の構想と関連付けながら学ぶことにした。

(設問 1)文中の下線部①に示す「フランチャイズ方式」に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア P 氏の兄と姉はともに美容師であり、資格取得後、家業の美容院に勤務していたが、法人を設立して独立するにあたってこの美容院とフランチャイズ契約を結び、第一号のフランチャイザー、つまり加盟店となった。

イ P 氏は将来的に美容院事業の国際展開も視野に入れているが、国境を越えたフランチャイズ・システムの導入はサービス業においては先例がみられないため、代替的な参入様式を検討している。

ウ 加盟店から確実に一定額のロイヤルティを徴収するためには、粗利益分配方式を導入することが適切である。

エ フランチャイズ方式とは、一般的に一定の資金の制約のもとでのスピーディーな多店舗化を達成するための手段のひとつである。

正解は…

ABOUTこの記事をかいた人

2018年の夏、ひょんなことから営業マンから経営戦略室へ異動しました。 経営とは何ぞやという知識も実践経験も足りない… 学習したことをなるべく分かりやすく配信しつつ、経験値を稼ぐために アラサー親父、サイト運営に乗り出す!