【中小企業診断士《1次》過去問】H.27 企業経営理論 問4

平成27年度 第 一次試験問題 (C)企業経営理論

問4. 自社の仕入先および顧客に対する交渉力に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア. 今まで仕入先から調達していた部品の内製の割合を高めていく場合は、自社の仕入先に対する交渉力は弱くなる。

イ. 希少価値の高い原材料を仕入れている場合は、自社の仕入先に対する交渉力は強くなる。

ウ.  顧客が他社製品へ乗り換える際に多大なコストが発生する場合は、自社の顧客に対する交渉力は強くなる。

エ. 仕入先の売上高に占める自社の割合が高い場合は、自社の交渉力は弱くなる。

オ.  自社が顧客の意思決定を左右できるような場合は、仕入先に対する交渉力は弱くなる。

正解は…

ABOUTこの記事をかいた人

2018年の夏、ひょんなことから営業マンから経営戦略室へ異動しました。 経営とは何ぞやという知識も実践経験も足りない… 学習したことをなるべく分かりやすく配信しつつ、経験値を稼ぐために アラサー親父、サイト運営に乗り出す!