【中小企業診断士《1次》過去問】H.27 企業経営理論 問30

平成27年度 第 一次試験問題 (C)企業経営理論

問30. 消費者心理に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア 近年、ブランド関連商品をおまけに付けた雑誌が売上を伸ばしているが、その要因は「道具的条件づけ」で説明することができる。

イ 消費者の知覚リスクは、商品知識が乏しい場合や複雑な商品の場合に高まるが、商品に対する関与が高い場合や多くの選択肢から選べる場合には低下する。

ウ 消費者の認知や好意的評価を得ていない新しい商品やサービスの場合には、一般的に、自社ブランドの強みとなる一点を集中的に訴求することが有効である。

エ プロモーション活動において、たとえば紫外線が肌にもたらす悪影響を示すメ ッセージが化粧品に用いられることがある。通常、恐怖喚起が強ければ強いほど 商品効能に対する説得効果は高まる。

正解は…

ABOUTこの記事をかいた人

2018年の夏、ひょんなことから営業マンから経営戦略室へ異動しました。 経営とは何ぞやという知識も実践経験も足りない… 学習したことをなるべく分かりやすく配信しつつ、経験値を稼ぐために アラサー親父、サイト運営に乗り出す!