【中小企業診断士《1次》過去問】H.28 経営情報システム 問9

中小企業診断士一次試験の過去問

平成28年度 第 一次試験問題 (F)経営情報システム

目次

問9. 多様な入力機器の発達、コンピュータ処理の多方面への進展により、ビッグデータと呼ばれる多様で大量のデータを扱うことが多くなった。そのような時代の要請に対応するデータベース技術に関する記述として最も適切なものはどれか。

ア  RDBでは、ひとつのデータベースを複数のコンピュータで分散して管理する機能はないので、ビッグデータのような多様で大量のデータは扱えない。

イ XML データベースとは、XMLの階層構造をRDBの階層構造にマッピングして利用するデータベースである。

ウ キーバリューデータベースは、データの構造や属性を決めるスキーマ設計をしなくても使える。

エ ビッグデータに適したNoSQLデータベースと呼ばれるものは、RDB と区別するためにその呼び名を用いているが、データ検索にはRDBと同じようにSQLを使う。

正解は…

ABOUTこの記事をかいた人

2018年の夏、ひょんなことから営業マンから経営戦略室へ異動しました。 経営とは何ぞやという知識も実践経験も足りない… 学習したことをなるべく分かりやすく配信しつつ、経験値を稼ぐために アラサー親父、サイト運営に乗り出す!