【中小企業診断士《1次》過去問】H.28 運営管理 問32

中小企業診断士一次試験の過去問

平成28年度 第 一次試験問題 (D)運営管理

目次

問32. 小売業の販売促進の方法と主な目的に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア 売り場におけるクロスマーチャンダイジングは、関連する商品同士を並べて陳列することで、計画購買を促進する狙いがある。

イ エンドなどにおける大量陳列は、商品の露出を高めて買い忘れを防止するなど、計画購買を促進する狙いがある。

ウ 会計時に発行するレシートクーポンは、次回来店時の計画購買を促進する狙いがある。

エ 試食販売などのデモンストレーション販売は、リピート購買を促進する狙いがある。

オ 新聞折り込みチラシは、お買い得商品の情報を伝えて、想起購買を促進する狙いがある。

正解は…

ABOUTこの記事をかいた人

2018年の夏、ひょんなことから営業マンから経営戦略室へ異動しました。 経営とは何ぞやという知識も実践経験も足りない… 学習したことをなるべく分かりやすく配信しつつ、経験値を稼ぐために アラサー親父、サイト運営に乗り出す!