【中小企業診断士《1次》過去問】H.29 企業経営理論 問35

中小企業診断士一次試験の過去問

平成29年度 第 一次試験問題 (C)企業経営理論

目次

問35. 他者や他者集団が消費者行動に与える影響に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア 準拠集団とは、消費者の態度や行動の形成に影響を与える所属集団のことである。

イ 消費者間ネットワークを用いて広くマーケティング情報を伝えたいと考えるとき、消費者間の弱いつながりが重要な役割を果たす。

ウ 他者の購買に影響を与えるオピニオンリーダーは、新製品をいち早く購入するイノベーターと呼ばれる人々であることが多い。

エ 人の目に触れる場で使用される製品より、人の目に触れない場で使用される製品の方が、ブランド選択における他者集団の影響が大きい

正解は…

ABOUTこの記事をかいた人

2018年の夏、ひょんなことから営業マンから経営戦略室へ異動しました。 経営とは何ぞやという知識も実践経験も足りない… 学習したことをなるべく分かりやすく配信しつつ、経験値を稼ぐために アラサー親父、サイト運営に乗り出す!