【中小企業診断士《1次》過去問】H.29 企業経営理論 問31(設問2)

平成29年度 第 一次試験問題 (C)企業経営理論

Table of Contents

問31. 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。 長年にわたり、羽毛布団の製造小売を行ってきた Y 社は、近年、拡大を続ける全国チェーンのインテリア専門店に羽毛布団の顧客を奪われてしまったため、新社長の P 氏は羽毛を原材料とした新製品の開発を通じて、新たな顧客を創造するという構想を練り始めている。所有する生産設備もうまく活用する形での新製品開発に向け、 P 氏は中小企業診断士である Q 氏から基本的な ① 製品開発のプロセスについてアドバイスを受けている。 その結果、いくつかの ② コンセプト案がリストアップされた。ここから一年間を費やしてそれらからいくつかの製品を市場投入段階まで到達させることを念頭に置いて、 P 氏はそのための準備に取り組んでいる。 P 氏は、まず ③ 市場動向を把握し、 競合となりうる製品・企業を特定するための作業に着手している。

(設問2) 文中の下線部②に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア 新製品のコンセプト開発においては、既存顧客や顕在顧客に対象を絞り、その中での市場セグメンテーションを行うことが重要である。

イ 新製品のコンセプト策定に当たっては、組織内部の部門間での伝わりやすさを第一とし、顧客を含む、企業の外部に対する分かりやすさは事後的に検討される。

ウ 製品コンセプトとは、ある製品が顧客に提供しうる価値を端的に示すものである。それによって、買い手が製品やサービスを購買したいと思うようにな る。

エ 製品コンセプトの開発に先駆けて探索的調査が実施されることが多いが、観察法はその段階で有用でないとされている。

正解は…

ABOUTこの記事をかいた人

2018年の夏、ひょんなことから営業マンから経営戦略室へ異動しました。 経営とは何ぞやという知識も実践経験も足りない… 学習したことをなるべく分かりやすく配信しつつ、経験値を稼ぐために アラサー親父、サイト運営に乗り出す!