【中小企業診断士《1次》過去問】H.29 企業経営理論 問9

平成29年度 第 一次試験問題 (C)企業経営理論

問9.  成長をめざす中小企業にとって外部資金の獲得は欠かせない。中小企業への資金提供に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

ア 中小企業へ投資する投資事業有限責任組合では、業務執行を伴わない組合員 は、その出資額を限度として組合の債務を弁済する責任を負う。

イ 中小企業へ投資する投資事業有限責任組合では、組合の業務を執行する者は有限責任組合員である。

ウ ベンチャーキャピタルは、株式を公開していない経営課題を抱える中小企業に対して、新株と引き換えに事業成長のための資金を潤沢に提供することを通じて中小企業の企業価値を高める。

エ ベンチャーキャピタルは、役員派遣や経営のモニタリングをすることによっ て、有望な中小企業に投資した資金を、新規株式公開や M&A を通じて回収す る可能性を高める。

オ ベンチャーキャピタルは、有望な中小企業に対して、本体や他のベンチャーキャピタルが運用するファンドを通じた投資と本体の自己資金を原資とした投資のスタイルで、中小企業の企業価値を高める。

正解は…

ABOUTこの記事をかいた人

2018年の夏、ひょんなことから営業マンから経営戦略室へ異動しました。 経営とは何ぞやという知識も実践経験も足りない… 学習したことをなるべく分かりやすく配信しつつ、経験値を稼ぐために アラサー親父、サイト運営に乗り出す!