【中小企業診断士《1次》過去問】H.29 企業経営理論 問4

中小企業診断士一次試験の過去問

平成29年度 第 一次試験問題 (C)企業経営理論

目次

問4.  日本企業は戦略的に M&A を活用するようになっているが、M&A よりも戦略的提携を選択する企業も多い。M&A には、契約成立前の準備段階と交渉段階、成立後の統合段階でのさまざまな留意点がある。日本企業の M&A と戦略的提携に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア M&A の準備段階では、当事者の持つ研究開発、生産、販売などの重複部分や競合関係の明確化が重要であり、統合段階でデューデリジェンス(due diligence)を開始して機能統合していく。

イ 異業種の M&A には、基本的には、規模の経済と取引交渉力の増大というメ リットがあり、業績不振の立て直しはできないが、自社の必要としない資源までも獲得してしまう恐れはない。

ウ 企業の独立性を維持できる戦略的提携は、パートナーが提携関係を裏切る可能性を最小化しつつ、提携による協力から得られる恩恵を最大限享受することが主な目的であり、企業の評判に悪影響が起こる可能性は、戦略的提携における裏切りのインセンティブを抑制できない。

エ 戦略的提携の目的が経済的な価値と希少性の追求にあっても、持続的な競争優位をもたらすとは限らないが、提携による業界内の新しいセグメントへの低コストでの参入は企業間の強みを補完する試みとなりうる。

オ 同業種の M&A には、基本的には、範囲の経済と習熟効果の実現というメリ ットがあり、組織文化の調整のコストは必要であるが、統合のコストはかからな い。

正解は…

ABOUTこの記事をかいた人

2018年の夏、ひょんなことから営業マンから経営戦略室へ異動しました。 経営とは何ぞやという知識も実践経験も足りない… 学習したことをなるべく分かりやすく配信しつつ、経験値を稼ぐために アラサー親父、サイト運営に乗り出す!