【中小企業診断士《1次》過去問】H.30 経済学・経済政策 問10

中小企業診断士一次試験の過去問

目次

回答 ウ

問10. 生産者余剰について考える。いま、A〜Eの5つの企業から構成される社会を想定する。下図では、それぞれの企業が、生産を継続するために最低限回収しなければならないと考える金額(生産物1単位当たり)が示されている。 この図に関する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

[解答群]

ア 市場価格が400円を上回れば、5つの企業すべてが生産を行う。

RIHISA
設問を確認すると「それぞれの企業が、生産を継続するために最低限回収しなければならないと考える金額(生産物1単位当たり)が示されている」とあります。

5つの企業すべてが生産を行う条件は、2000円を上回るときです。

×です。

イ 市場価格が600円の場合、3つの企業は生産を行わないので、社会全体の生産量は2単位である。

RIHISA
「市場価格600円の場合」に生産を行わない企業はB、C、D、Eの4社です。したがって市場全体の生産量はAの生産量1単位のみとなります。

×です。

ウ 市場価格が1,400円の場合、社会全体の生産者余剰は1,800円である。

RIHISA
「市場価格が1,400円の場合」に生産する企業はA、B、Cの3社です。
各生産者余剰を計算してみましょう。
・Aの生産者余剰:1,400-400=1,000
・Bの生産者余剰:1,400-800=600
・Cの生産者余剰:1,400-1,200=200
∴合計:1,000+600+200=1,800円

「社会全体の生産者余剰は1,800円である」という記述は適切です。

○です。

エ 市場価格が1,600円を上回ると、生産を行うのはEのみである。

RIHISA
「市場価格が1,600円を上回ると、生産を行うのはEのみ」ではなく、企業A、B、C、Dの4社です。

×です。

ブログランキング参加中!いつも応援ありがとうございます!!


人気ブログランキング にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

あなたも目指してみませんか?【中小企業診断士】

【2020年度版】中小企業診断士試験をあなたはどう攻略する?現役・経営戦略室が選ぶ通信講座!

2019.07.20


ABOUTこの記事をかいた人

2018年の夏、ひょんなことから営業マンから経営戦略室へ異動しました。 経営とは何ぞやという知識も実践経験も足りない… 学習したことをなるべく分かりやすく配信しつつ、経験値を稼ぐために アラサー親父、サイト運営に乗り出す!