【中小企業診断士《1次》過去問】H.30 運営管理 問39(設問2)

平成30年度 第 一次試験問題 (D)運営管理

問39. マーケットバスケット分析は、頻繁に購入される商品の組み合わせ(相関ルール) を見つけ、併買を促すためのヒントを見つけ出すのに活用される方法の1つである。この相関ルールの評価に関する下記の設問に答えよ。

(設問2) 商品Xと商品Yの相関ルールを評価するとき、商品Xの購買が、どの程度、商品Yの購買を増大させているかを示すリフト値を計算する式を次に示す。

以下の①〜④のうち、式の空欄AとBに入る語句として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

①  全顧客数

②  商品Xを購入した顧客数

③  商品Yを購入した顧客数

④  商品XとYを購入した顧客数

〔解答群〕

ア  A:①  B:②

イ  A:①  B:④

ウ  A:②  B:②

エ  A:②  B:③

オ  A:③  B:④

正解は…

ABOUTこの記事をかいた人

2018年の夏、ひょんなことから営業マンから経営戦略室へ異動しました。 経営とは何ぞやという知識も実践経験も足りない… 学習したことをなるべく分かりやすく配信しつつ、経験値を稼ぐために アラサー親父、サイト運営に乗り出す!