【中小企業診断士《1次》過去問】H.30 運営管理 問39(設問1)

中小企業診断士一次試験の過去問

平成30年度 第 一次試験問題 (D)運営管理

問39. マーケットバスケット分析は、頻繁に購入される商品の組み合わせ(相関ルール) を見つけ、併買を促すためのヒントを見つけ出すのに活用される方法の1つである。この相関ルールの評価に関する下記の設問に答えよ。

(設問1)相関ルールを多角的な観点から評価するためには、複数の指標が用いられる。 このうち、リフト値は重要な評価指標の1つであるが、他に2つの評価指標を挙げる場合、以下の①〜④のうち、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

① コンバージョン率

② 支持度(サポート)

③ 信頼度(コンフィデンス)

④ 正答率

〔解答群〕

ア ①と③

イ ①と④

ウ ②と③

エ ②と④

オ ③と④

正解は…

ABOUTこの記事をかいた人

2018年の夏、ひょんなことから営業マンから経営戦略室へ異動しました。 経営とは何ぞやという知識も実践経験も足りない… 学習したことをなるべく分かりやすく配信しつつ、経験値を稼ぐために アラサー親父、サイト運営に乗り出す!