【中小企業診断士《1次》過去問】R.1 経営情報システム 問5

中小企業診断士一次試験の過去問

令和元年度 第 一次試験問題 (F)経営情報システム

目次

問5. Webサービス開発では、従来のシステム開発とは異なる手法を採用することで、開発の迅速化やコストを低減することができる。そのような開発手法の1つであるマッシュアップに関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア 開発対象のシステムを分割し、短期間に計画・分析・プログラミング・テストなどを繰り返して実施する方法である。

イ 既存ソフトウェアの動作を解析することで、プログラムの仕様やソースコードを導き出す方法である。

ウ 公開されている複数のWebサービスを組み合わせることで新しいサービスを提供する方法である。

エ 部品として開発されたプログラムを組み合わせてプログラムを開発する方法である。

正解は…

ABOUTこの記事をかいた人

2018年の夏、ひょんなことから営業マンから経営戦略室へ異動しました。 経営とは何ぞやという知識も実践経験も足りない… 学習したことをなるべく分かりやすく配信しつつ、経験値を稼ぐために アラサー親父、サイト運営に乗り出す!