【中小企業診断士《1次》過去問】H.30 経済学・経済政策 問13

中小企業診断士一次試験の過去問

回答 ア

問13. 下図は、独占企業が生産する財の需要曲線D、限界収入曲線MR、限界費用曲線MCを示している。この図に関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

RIHISA

解説のために需要曲線Dと限界費用曲線MCの交点をE0、数量Q1のときの需要曲線D上の点をE1、限界収入曲線MR上の点をE2とします。

a 独占企業が利潤を最大にするとき、完全競争を想定した場合と比較して、消費者余剰は減少する。

RIHISA
独占市場の場合、市場価格P1および供給量Q1なので消費者余剰は△DP1E1です。完全競争市場では均衡点はE0となるので消費者余剰は△DP0E0です。
以上より、消費者余剰は□P1P0E0E1減少しています。

a. は正しいです。

b 独占企業が利潤を最大にするとき、完全競争を想定した場合と比較して、総余剰は増加する。

RIHISA
独占市場の総余剰□DSE2E1に比べて完全競争市場の総余剰△DSE0の方が大きいことがわかります。独占市場では△E1E2E0が死荷重ですので総余剰は減少しています。

b. は誤りです。

c 独占企業の利潤が最大になる生産量はQ1であり、そのときの価格は P1である。

RIHISA
記述のとおりです。

c. は正しいです。

d 独占企業の利潤が最大になる生産量はQ1であり、そのときの価格は P2である。

RIHISA
c. のとおり「独占企業の利潤が最大になる生産量はQ1であり、そのときの価格は P1」です。

d. は誤りです。

[解答群]

ア aとc

イ aとd

ウ bとc

エ bとd

RIHISA

∴「ア. aとc」が正解です。

ブログランキング参加中!いつも応援ありがとうございます!!


人気ブログランキング にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

あなたも目指してみませんか?【中小企業診断士】

You Choice!

【2020年度版】中小企業診断士試験をあなたはどう攻略する?現役・経営戦略室が選ぶ通信講座!

2019.07.20


ABOUTこの記事をかいた人

2018年の夏、ひょんなことから営業マンから経営戦略室へ異動しました。 経営とは何ぞやという知識も実践経験も足りない… 学習したことをなるべく分かりやすく配信しつつ、経験値を稼ぐために アラサー親父、サイト運営に乗り出す!