【中小企業診断士《1次》過去問】 H.27 経済学・経済政策 問23

中小企業診断士一次試験の過去問

目次

回答 エ

問23. 下表は、公正取引委員会「生産・出荷集中度調査」より、平成23年度と平成24年度における、液晶パネル製造業とインターネット広告代理業における累積生産集中度の値を抜き出したものである。下表の解釈として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

RIHISA
『生産集中度』は国内出荷、輸出を含めた個別事業者の国内生産における集中の状況を示します。
生産集中度 = ( 当該事業者が当該品目を国内で生産した量 or 額 ) ÷ (当該品目を国内で生産した総量 or 総額 )

『累積生産集中度』は『生産集中度』の累積値です。
「CR3」は上位1位から3位までの企業の事業分野占拠率(%)を合計数値を意味しています。

[解答群]

ア 平成23年度のインターネット広告代理業では、上位10社の企業で市場を占拠している。

RIHISA
平成23年度のインターネット広告代理業の「CR10」は81.5です。「CR10」は1位から10位までの上位10社の企業の事業分野占拠率(%)を合計した数値を意味しています。上位10社の市場占拠率は81.5%とわかるので市場を占拠しているとはいえません。

×です。

イ 平成24年度のインターネット広告代理業では、平成23年度と比較して、上位5社の企業によって占拠される割合が小さくなった。

RIHISA

インターネット広告代理業における「CR5」は62.4から63.7に増加しています。「平成24年度のインターネット広告代理業では、平成23年度と比較して、上位5社の企業によって占拠される割合が小さくなった」という記述は誤りです。

×です。

ウ 平成24年度の液晶パネル製造業では、10社を超える企業の競争状態にある。

RIHISA

平成24年度の液晶パネル製造業の「CR10」は100.0ですので、上位10社の企業で市場が占拠されてる状況です。「10社を超える企業の競争状態」ではありません。

×です。

エ 平成24年度の液晶パネル製造業では、平成23年度と比較して、上位3社の企業によって占拠される割合が大きくなった。

RIHISA

液晶パネル製造業における「CR3」は94.6から97.0に増えています。「平成23年度と比較して、上位3社の企業によって占拠される割合が大きくなった」という記述は正しいです。

○です。

ブログランキング参加中!いつも応援ありがとうございます!!


人気ブログランキング にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

あなたも目指してみませんか?【中小企業診断士】

You Choice!

【2020年度版】中小企業診断士試験をあなたはどう攻略する?現役・経営戦略室が選ぶ通信講座!

2019.07.20


ABOUTこの記事をかいた人

2018年の夏、ひょんなことから営業マンから経営戦略室へ異動しました。 経営とは何ぞやという知識も実践経験も足りない… 学習したことをなるべく分かりやすく配信しつつ、経験値を稼ぐために アラサー親父、サイト運営に乗り出す!